メンバープロフィール紹介

理事長 倉重 宜弘

(ネイティブ株式会社 代表取締役)

 富士総合研究所(現みずほ情報総研)を経て、2000年よりネットイヤーグループに創業期から参画。大手企業のデジタルマーケティングや、ブランディング戦略の立案、ウェブサイトやデジタルコンテンツの企画・プロデュースなどに数多く携わる。新規事業として2012年4月に、地域振興を目的とした北海道のデジタル観光メディアの立ち上げを皮切りに、2013年に沖縄、2014年に瀬戸内の観光メディアを手掛る。2016年3月、地域事業を専門とする「ネイティブ株式会社」を起業し独立。せとうちDMOが展開する観光メディア「瀬戸内Finder」の企画・運営・プロデュースを担当するなど、地域観光のマーケティング・ブランディング事業を中心に展開している。

 

理事 金山 宏樹

株式会社シカケ 代表取締役)

 1983年兵庫県南あわじ市(淡路島)生まれ。高校卒業後、淡路人形浄瑠璃の芝居をする淡路人形座にて、5年間人形遣いとして働いた後、島の観光施設で1年間勤務。島を出て、大阪・東京で営業職に携わり2012年5月 島に戻り某観光施設運営会社に入社。EC事業部を経て2014年6月より飲食事業部の取締役に就任。会社の業績を新規事業なしで4年間に181%伸ばした実績から、全国からの視察が絶えない観光施設になっている。2017年7月同社を退社。ブランディング、集客をしたい全国の自治体、施設を支援するため株式会社シカケを設立。「行きたくなる」飲食店の仕掛け、「買いたくなる」お買い場づくりの手法を開示するセミナーやコンサルティングをおこなっている。

 

理事 大関 将広

株式会社ビッグゲート 代表取締役)

 1996年日本大学理工学部卒業。株式会社CSK(現SCSK株式会社)に入社、以降、SAPジャパン株式会社、株式会社シマンテックを経て、2011年4月に日本アイ・ビー・エム株式会社に入社。日本アイ・ビー・エムとして石巻の復興事業を支援。2013年に石巻事業所を設立・石巻事業所長に就任。石巻産業復興の施策としてふるさと納税に着目。地方を舞台にした事業に魅力を感じ、株式会社ビッグゲートを設立。地元利益最大化のために、石巻市+石巻観光協会という事業スキームで2014年9月からふるさと納税事業を開始、初年度(7か月)で約3.2億円の寄附実績を上げる。

 地元に最大限の還元を行うモデルが地方の活性化につながると考え『地方創生型ふるさと納税』を提唱、より多くの自治体に伝えるべく奔走中。

理事 岡澤 有紘

株式会社オリザリア 代表取締役)

 2000年早稲田大学政治経済学部卒。丸紅株式会社を経て、国内独立系の事業再生ファンドである株式会社ジェイ・ウィル・パートナーズの投資先企業のマネジメント部門に入社。地方企業へのファンドによる投資検討時の事業性評価(デュー・ディリジェンス)、ハンズオンでの投資先の企業価値向上及びM&A等による投資回収を担当。うち、4社で常勤取締役、1社で会社更生法上の事業家管財人補佐職に就任。その後、農林水産省主幹の官民出資の投資会社である株式会社農林漁業成長産業化支援機構(A-FIVE)を経て、株式会社オリザリアを創業。1次産業や関連する食品製造業・卸売業・小売業等における事業立上げ時の構想・計画の作成、スキーム構築および必要資金の調達とその後の運営体制構築等に特化したアドバイザリーファームとして活動中。

理事 植草 茂樹

株式会社津々浦々 営業部 シニアディレクター  植草茂樹公認会計士事務所) 

1998年横浜国立大学央卒業、その後センチュリー監査法人(現新日本有限責任監査法人)に入社。多数の企業の会計監査・コンサルティングを経験。またパブリックセクター担当として、中央省庁・自治体・学校法人・大学などの監査・コンサルティングなどを実施。農林水産省や文部科学省、財務省、総務省、経済産業省などの業務に従事するほか、国立大学法人の法人化や学校法人の経営改革を担当。その後、農林水産省の官民ファンドであるA-FIVEにおいて6次産業化のファンドの会社で、ファンドの組成・6次産業化中央サポートセンターのセンター長として6次産業化の支援を実施。投資先のハンズオンにおいて、販路拡大・商品開発などの支援を専門家とともに実施。改めての地域産品や地域商社のプラットフォーム事業として株式会社津々浦々を立ち上げ。

理事 大島 正幸

株式会社ようび 代表取締役/やがて風景になる ものづくりの伝道師) 

2009年岡山県西粟倉村にて「ようび」を創業。「やがて風景になるものづくり」を理念に活動。 特に「国産針葉樹」の家具のパイオニアとして知られ、数百種類の針葉樹家具を世に送り出している。デザインだけでなく、自ら制作工房を構えているのが特徴で、デザインと技術の研究を日々行っている。 家具、建築、チームビルディングへの深い見識を活かし、自治体のデザインディレクション、施設の空間プロデュース、高付加価値の売れる商品開発を行っている。最近では、地域で活躍するプレイヤーの創出をすべく、国立大学の研究員、創業支援のNPO法人理事としても活動をしている。

理事 長友 まさ美

サンワード・ラボ株式会社 代表取締役) 

「経営者もスタッフも幸せにはたらく会社づくり」をテーマに、企業研修、チームビルディング、エグゼクティブコーチングを実施。宮崎を拠点に全国で強いチームづくりをとおして、社会問題の解決を行う。人材育成、組織開発の手法を地域づくりにも活かし、キーパーソン育成、新商品開発WS、まちづくりWSなどを行う。また、宮崎の魅力を世界に発信するローカルWEBメディア「宮崎てげてげ通信」(テゲツー!)を立ち上げ、運営を行う。人と人を繋げ、宮崎を豊かにすることを願い、取材・執筆・情報発信、チャレンジをうみだす場づくりなどを行う。得意領域は、「つなぐ、つたえる、まきこむ」ことで共創をうみだすこと。

理事 佐藤 孝好

(オギャー株式会社 代表取締役/ ココホレジャパン株式会社 取締役・アートディレクター 

武蔵野美術大学卒業後、大手広告代理店やクリエイティブエージェンシーで数多くの広告キャンペーンのクリエイティブを担当。

2013年に独立。「産んで、育てて、共に生きる」オギャー株式会社代表取締役

「地域を広告する」ココホレジャパン株式会社取締役、道の駅や地域のキャンペーン広告や商品ブランド開発に携わりながら、大規模なマス広告も手掛けている。

TVCMやWEBCMなどの映像からグラフィック、WEBデザイン、パッケージデザインに至るまで、幅広いクリエイティブで社会をより良くするためのユニークで斬新なコミュニケーションを追求。

理事 花岡 良輔

(株式会社リエゾンビジネスサポート 代表取締役  

元船井船井総合研究所上席コンサルタント。船井総研在籍時に2012年より食品コンサルティング部隊を統括し、約30名の部隊を統率。19年1月退社、2月㈱リエゾンビジネスサポート設立。 地方の食品・一次産業者向けに観光マーケット攻略の提言をコンサルティング活動を行う。特に製造小売業態でスイーツ・食品の業態開発を積極的に提案。新商品開発においては売れる商品の時流を掴み、委託先の紹介や生産性の視点から高収益型商品開発、発売後の販売戦略までトータルに提案し、数々のヒット商品を世に送り出している。製菓実験社「製菓製パン連載」。食品産業新聞社「中小食品メーカーのブランド化戦略」執筆中。著書に『中小食品メーカーのブランド化戦略』『船井流販促大全』などがある。